私たちの声

flj読者の皆様へ 

笙野 頼子


さて、事情説明です。見ての通りこの造語は引用をジェンダー平等委員会が私と共通の認識に基づいて引用したものです。
ブログ掲載時この五文字は誰にも迷惑が掛からないように抜いてありました。
しかし誤解を解くために今カギカッコを埋めます。
すると、見ての通りこれはなりすましの痴漢などという意味であって、トランスジェンダーのような真面目なものとは何の関係もない。
それをこんなに邪推されて憎悪されるとはまったく思ってもみなかったです。
そもそもトランスジェンダーと女性は今までgid特例法の下で無事共存していました。
なのに今から新法が私たちを分断するかもしれない。
侵入派、派とついている以上全体ではありません。そもそもこの問題にどう立ち向かうかをそれ以外の人々が一緒に考えるために作った言葉でした。
メールの要約である「共産党の見解」と元読者の方がひろめてくださった(ありがとうございます)ブログのスクリーンショットを合わせて読めばわかると思いました。
なお、このメールの文は共産党の総意として書かれており、ジェンダー平等委員会から送られたものでもあり、著作権の問題もなく言葉も丁寧であったため私はいつどこで公開されてもよいものと判断いたしました。

ところで、今回私が受けた誤解について
このメール自体共産党に残っているはずなのに質問回答窓口の方は原文をチェックせず、
なぜか相手の話を一方的に聞いてそれで不公平で一方的な回答をしてしまいました。
ただ、にもかかわらず私は共産党を怒っていません。
結局は怒る暇にできることをするしかない。
何よりもジェンダー平等委員会の方の公式な文を私は評価します。
それは「トランスジェンダーと女性」それぞれが受ける差別を別立てで考え
今後も議論すると言っているからです。
議論自体がヘイトスピーチというtra側の意見もあるのに、あえて議論していますなおかつ。
「トランス女性は女性です」という言葉はここにはありません。両者並び立っている。
 なので私は少しくらい気まずくでも今後も感謝して提言をし続けます。
たとえばどのような新法にも、脱法行為は必ずついて回ります。
そんな世界で憎みあわないためにどうすればいいか。
私は前の文を発表したことでトランスセクシャルの方やレズビアンと連帯できました。その多くは女性でした。
女性差別の原因はまず女性の戦いに向いていない肉体です。それ故女性には独特な被害の歴史があり、すべて何千年も解決されなかった。
これをほかの差別と一緒にしてしまうと見えなくなってしまう。社会的な差別や性暴力被害の根底にまずこの女性の肉体がある。

そもそも女性はなんでも人に譲っていないと非難されるし、嘘つきだの捏造だの言われて信じてもらえない。意見を言おうとしてもすぐ遮られます。
なので他との併合などではなく、女性という存在の独立を大前提として、その上に立った対等な友好を大切にしたいのです。
女性には女性という言葉、女性という主語、女性だけの場所が必要です。


FLJ編集部より:一連の流れを時系列に沿ってお伝えいたします

①笙野さんは日本共産党「ジェンダー平等委員会」に昨年から複数のメールを送って説明をしていた。
 ②9月15日、笙野さんはこの記事に掲載した返信を受け取った。
 ③その返信を笙野さんは"女湯侵入派"の5文字を消した状態でご自身の近況を伝えるブログにアップしていたが、それはすぐに消すつもりのものであり、そのようにした。
 ④9月27日、笙野さんがFemale Liberation Japanのお問い合わせフォームに「共産党の見解」を寄稿した。
 ⑤10月18日、FLJが笙野さんの「共産党の見解」を公開した。
 ⑥文中に出していた「侵入派」という言葉を「トランスジェンダー女性全般」を指すと解釈する人たちがいて、笙野さんへの非難がはじまった。しかし今回述べているように違う意図で使っていた。「ジェンダー平等委員会」がメール中で引用した言葉は委員会と笙野さんの共通認識としてある言葉「女湯侵入派」で、侵入派とはその要約であった。写真中に「女湯に入りたい思惑から女性を自称する男性」とあるのを見ても判るようになりすましの痴漢などを示す言葉であった。文中のカギカッコも原文引用のカギカッコであって、アイロニーのためのカギカッコではなかった。
 ⑦笙野さんの元読者の方が、上記③をスクリーンショットで保存しており、それを載せてツイートした。
 ⑧日本共産党「中央委員会質問回答係」に公開質問状を送っていた方が、その返事を公開した。その中では「笙野さんの文章は笙野さん個人の認識という外ないだろうと思います。」と書かれていた。
 ⑨笙野さんがこのたび「ジェンダー平等委員会」からのメールの画像をFLJで公開し、それについての説明を寄稿した。 

FLJ編集部からは、以上です。

-私たちの声
-,

© 2021 Female Liberation jp Powered by AFFINGER5